2011年11月28日

全日本都道府県試験ダウンロード数

公開開始から約半月経過。アンドロイドマーケットでのダウンロード数がやっと100を超えました。埋もれています〜。

2011-1128.png
ランキングは少しずつ上昇中。

ラベル:android
posted by taiga-dev at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

Androidアプリを開発して思ったこと。

今年の夏に開発環境をインストールして調査を開始して3ヶ月。その間に2本のアプリをAndroidマーケットで公開しました。細切れの時間を使いながらだったのでそれぞれの開発期間は実質2週間くらいだと思います。実際に作ってみての感想を書いてみたいと思います。

【開発の難易度】
JAVAを知っていればそれほど難しくないと思います。私は一冊初心者向けの本を買いましたがほとんど見ませんでした。ネット上に情報は腐るほどあるのでそっちで調べる方が遥かに効率的です。

【実機は必要?】
最初はエミュレータ上でデバッグしながらの開発になりますが、実機は1台はあった方が良いです。そんなに遅い開発用PCではないのですがエミュレータと実機では実行速度にかなりの差があるように感じました(エミュの方が遅い)。また画面表示もエミュと実機で違うこともありました。私は実機確認用にNECのLifeTouch NOTEを買いました。だいぶ値段も下がって1万5千円くらいで買えるのでお勧めです。

【AdMobについて】
広告に興味が無くてもアプリ内広告配信のAdMobを組み込むことをお勧めします。レポート機能で日単位のアクティブ数が分かるのでだいたい自分のアプリがどのくらい稼動しているか把握できます。Androidマーケットのレポートはインストール数しか分からないのでインストールはしたけどどのくらい使われているかまでは把握できません。肝心の収益ですがそんなに期待はしない方が良いと思います。私の場合は4ヶ月くらいでAndroidマーケットの登録料を回収できそうなくらいです。

【マーケティングについて】
Androidマーケットで公開してもリリースされるアプリの数が半端ないので基本、埋もれます。。ただ国別でランキングは違うみたいなのでダウンロード数が50本程度でもお尻の方にはランキングされるみたいです。今のAndroidマーケットはほしいアプリを探すのが大変なのでアプリのレビューを専門にしているサイトがいくつか存在します。まずはそのようなサイトにレビュー依頼を出すのが良いと思います。掲載されるとダウンロード数が一気に増えます。そうすると口コミでさらに広がり・・うまいサイクルに乗せるのが重要です。何もしなければダウンロード数を増やすのは難しそうです。ダウンロード数が100本未満だったのは無料アプリの20%、有料アプリの80%という最近の統計もそれを物語っています。


これまでPDAでアプリを結構な数リリースしてきましたが、当時とは絶対的なデバイス数の桁が違うのは魅力的です。PDAのときはいっても数万本が限界だったと思います。またAndroidマーケットを利用すればお手軽に全世界に対して自分のアプリを配信できるのも大きな魅力です。今のスマートフォンの原型ともいえるPalmが登場してから10年ちょっと。やっとアプリ配信や収益を確保するためのプラットフォームが現れたなという感じです。特に一番の魅力は誰でも資金力豊富なディベロッパーと同じ土俵で戦えるということです。良い時代になったなぁと思う自分はもうオジサンでしょうか?



posted by taiga-dev at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

Androidアプリ全日本都道府県試験のダウンロード数

リリースから約10日。ダウンロード数はまだ50ちょっとの状態です。プロモーションを少し考えないと・・。

2011-1121.png
アンドロイドマーケットでは現在カテゴリ別で420位。

posted by taiga-dev at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェアリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。